Top >  育毛効果を上げる >  育毛と男性ホルモンの関係

育毛と男性ホルモンの関係

育毛と男性ホルモン
男性の10人に1人が男性ホルモンが原因となっている薄毛だといわれ、主に30?40才代でその症状がよく見られます。
この男性ホルモンが原因の薄毛は、頭頂部か前頭部から進行し、徐々に毛が細くなっていくもので、男性型脱毛と呼ばれています。
なお、女性は女性ホルモンが強くあるので薄毛になりにくく、男性でも20歳以下の人に薄毛が少ないのは、
男性ホルモンの分泌がまだ確率されていないからです。
しかし、最近では10代の男性や若い女性にも薄毛が増加しています。
これは、ホルモンのバランスが崩れている為で、その原因はストレスと考えられています。
しかし、男性ホルモンが原因の薄毛だからといって育毛を諦めないでください。
男性ホルモンの過剰分泌は、生活習慣や食生活を見直すことで改善されるそうです。
また、頭皮の血行を促進することでも、薄毛を遅らせることも出来ますので、育毛を諦めずに頑張りましょう。

育毛効果を上げる

関連エントリー

育毛効果をアップさせる頭皮マッサージ 育毛剤の正しい使い方 育毛マッサージ器 育毛対策は病院へ 育毛にかかせない水分補給 育毛とブラシマッサージ 育毛を妨げないドライヤーの使い方 筋肉をほぐして育毛促進 育毛に必要なアミノ酸 育毛と栄養バランス 育毛「フケと抜け毛の関係」 年齢別の抜け毛と育毛「中高年期」 年齢別の抜け毛と育毛「思春期〜青年期」 年齢別の抜け毛と育毛「幼児期〜少年期」 育毛「抜け毛と年齢」 毛根の状態で育毛の緊急度を判断 育毛と睡眠 頭皮の保湿 育毛と紫外線 育毛と喫煙 育毛と男性ホルモンの関係


track feed