Top >  効果のある育毛法 >  育毛「日本人と西洋人の髪質の違い」

育毛「日本人と西洋人の髪質の違い」

日本人の髪は西洋人の髪と比べると太くコシがあり、
髪の表面を覆っているキューティクルの枚数も多く、厚さも上回っています。
また、キューティクルの間隔も密であることも分かっています。
このことから、日本人の髪は丈夫で美しいと言えるでしょう。
しかし、日本人の髪は摩擦等の外部からの刺激には弱くダメージを受け易い髪質なので、
早めのケアをしないと、すぐにツヤが無くなり、弾力性の劣化等がおきやすいと言えます。
反対に、西洋人の髪は元々細く柔らかな髪質なのでコシがあるとは言えませんが、外部からの刺激に対しては、
すぐに髪にダメージを与えるということは無さそうです。
この髪質の原因は、うろこ状に伸びるキューティクルの傾斜角度にあると言われています。
また、最近では「茶髪ブーム」も落ち着いてきて、日本人らしい黒髪の美しさが注目され始めています。
カラーリング等は髪や頭皮を傷める原因になりますので、元々持っているキレイな髪を大事に育てていきましょう。

効果のある育毛法

関連エントリー

育毛について「髪の毛の基礎知識」 育毛「日本人と西洋人の髪質の違い」 日本で一番売れてる育毛マニュアル 薄毛・抜け毛の悩みが7日で止まる


track feed