Top >  育毛でやってはいけないこと >  育毛「日本と欧米の薄毛事情」

育毛「日本と欧米の薄毛事情」

かつら最大手のアデランスが、世界20カ国の成人男性を対象に薄毛調査を実施しました。
その結果は、1位がチェコの42.79%、2位以下はスペイン、ドイツ、フランス等のヨーロッパの国が上位を占めました。
ちなみに、日本は26.05%で14位でした。
また、他のアジア諸国も全て15位から20位にランクされていることからも、
欧米に比べてアジアは薄毛の割合が少ないということが言えるでしょう。
日本と欧米の薄毛の割合の差は、「紫外線の量」と「食生活」に関係があるとされています。
髪は「紫外線から頭を守る」という重要な役割がある為、紫外線の量が多い赤道付近の人の髪は黒くて太く、
少ない地域の人の髪は細くて柔らかいものです。
また、西洋人の食生活は日本人に比べて高カロリーなので、毛母の細胞分裂が抑えられ髪の毛が細くなり易いとも言えるでしょう。
ただし、最近の日本の食生活は欧米化してきていますので、日本でも薄毛の方の割合は増加傾向にあるそうです。
このように、薄毛は環境の影響も多大に受けますが、食生活の改善でも未然に防ぐことができますので、
あまり高カロリーなものばかり食べないように気をつけましょう。

育毛でやってはいけないこと

関連エントリー

育毛とダイエットの関係 育毛「帽子、ヘルメットと抜け毛の関係」 育毛「日本と欧米の薄毛事情」 育毛に悪い影響がある塩素


track feed