Top >  育毛効果を上げる >  育毛を妨げないドライヤーの使い方

育毛を妨げないドライヤーの使い方

皆さんは、シャンプー後の濡れた髪の毛をどのようにして乾かしていますか?
ほとんどの方は、ドライヤーを使って乾かしていると思いますが、
間違った乾かし方をしていると抜け毛や薄毛を進行させてしまう危険があります。
そこで、今回は育毛を妨げないドライヤーの使い方を紹介します。
まず、ドライヤーを使用する前にタオルを軽く押し当てるようにして髪の毛の水分を取ります。
ドライヤーの熱風で髪の毛や頭皮がダメージを受けたり、水分量の低下を防ぐ為に、
ドライヤーの温度をなるべく低くし、髪の毛から離しぎみに使用して短時間で行うようにしましょう。
なお、逆毛をたてながら熱風を当てる乾かし方は、育毛にとっては絶対に避けたい方法です。
ただ、ドライヤーでの髪の毛のダメージを気にするあまり、自然乾燥だけにたよってしまうと、
逆に髪の毛の水分量を低下させてしまうことになります。
育毛の為には、タオルドライ後にまだわずかに湿った状態までドライヤーを使用し、
後は自然乾燥させるというのが1番良い髪の毛の乾かし方だと言えます。
今日からぜひ実行してみてください。

育毛効果を上げる

関連エントリー

育毛効果をアップさせる頭皮マッサージ 育毛剤の正しい使い方 育毛マッサージ器 育毛対策は病院へ 育毛にかかせない水分補給 育毛とブラシマッサージ 育毛を妨げないドライヤーの使い方 筋肉をほぐして育毛促進 育毛に必要なアミノ酸 育毛と栄養バランス 育毛「フケと抜け毛の関係」 年齢別の抜け毛と育毛「中高年期」 年齢別の抜け毛と育毛「思春期〜青年期」 年齢別の抜け毛と育毛「幼児期〜少年期」 育毛「抜け毛と年齢」 毛根の状態で育毛の緊急度を判断 育毛と睡眠 頭皮の保湿 育毛と紫外線 育毛と喫煙 育毛と男性ホルモンの関係


track feed